時計の修理の原因である帯磁とは

時計の修理の原因である帯磁とは

時計の修理の原因である帯磁とは

時計を修理に出す理由として近年多くなっているのが、時計の機械部分が磁気を帯びてしまい精度を落とす「帯磁」です。デジタル化された近年では、携帯電話や携帯AV機器類、タブレット端末などの強い磁気を発する機器に時計を密着させてしまうことが多くなってしまうために起きやすくなります。

 

もし時計の機械部分が帯磁してしまうと、+と−の磁性を帯びた部品同士が引きつけ合ったり反発し合ったりする場合があり、精度が著しく悪化してしまうことがあります。これが起こっているかを確かめるためには、方位磁針を机に水平に置いてみて、時計をそれに上から垂直に近づけるといいでしょう。そのときに針が動くようであれば、時計が磁気を帯びてしまっていることになります。

 

 

帯磁がひどい場合は、時計の修理にかかる手間が大きくなります。修理のために、部品を分解して磁気抜きや整備する必要がある時もあるのです。そのときには大がかりな修理になり、それ相応の代金が必要となる場合もあるので、時計を使用する際には磁気を帯びることがないように気をつける必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ