時計の好きな修理屋さん

時計の好きな修理屋さん

時計の好きな修理屋さん

私の家の近くに、雑貨屋があります。

 

天井からコンセントみたいなものがぶら下がっているし、

 

何を売っているのか良く分からないのですが、時計が沢山あることは確かです。

 

とても気になることに、その店の看板には「修理の好きな時計屋」と書かれているのです。

 

先日、私の大好きなアラーム時計が壊れてしまいました。

 

20年以上も前に購入したものですが、メロディーがとてものんびりしていて、

 

ドキッとせずに目覚めることができます。

 

今まで同じメロディーの時計を見たことはありません。

 

そのアラーム時計のメロディーが鳴らなくなってしまったのです。

 

あまりに愛着があるので、思い切ってその時計屋に修理の見積もりをして貰いました。

 

お世辞にも愛想が良いとはいえない店主で、私の時計を見るなり「2千円」と言いました。

 

2千円ならいいかなと思い、預けることにしました。

 

一週間経ち受け取りに行くと、無事アラーム時計は修理されていました。

 

お店に入った瞬間、店主はニコニコと笑顔を見せていました、時計に。

 

この店主は「修理の好きな時計屋」ではなく、「時計の好きな修理屋」ではないだろうか、

 

と思いました。

ホーム RSS購読 サイトマップ