カルティエの時計を修理に出しました。

カルティエの時計を修理に出しました。

カルティエの時計を修理に出しました。

母親から使い古したカルティエの腕時計を譲ってもらいました。

 

とはいっても、ウン十年前に買ったもので、動いていないし、なんだかベルトがガタガタしていて、

 

留め具のところがちゃんとカチっとならないというひどい状態の代物です。

 

「使わなくなったまましまい込んでいたのを忘れてたけど、出てきたからあげるわ」

 

と言われても、「えーっ、使えないじゃん」という感じです。

 

でも腐っても鯛、壊れてもカルティエ、もったいないなーと思ってしまいます。

 

憧れのカルティエの時計なんて、自分じゃとても買う余裕はないし、

 

プレゼントしてもらえる見込みも特にありません。

 

ブランド時計は、修理と言っても高くつくだろうと思いつつ、

 

そのまま放っておくよりは、と思って時計屋さんに相談してみました。

 

以外にも、ベルト部分の修理は1万円台で済むということがわかりました。

 

ただ、かなり長い間使っていない時計だったので、ベルトだけでなく、

 

分解して中身の調整もした方がいいとのことで、それもお願いして、

 

電池交換も合わせて合計で3万円ちょっとぐらいだったと思います。

 

でも、ピカピカになって立派に使えるものになったので大満足です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ