時計の定期的な点検、オーバーホール

時計の定期的な点検、オーバーホール

時計の定期的な点検、オーバーホール

ひとつの時計を長く使っていく際には、定期的に点検に出す必要があります。車も数年置きに車検に出すように、時計も定期的に点検に出す「オーバーホール」を行えば一生ものといっていいほどの長持ちをします。

 

 

オーバーホールで行われるのは、時計の現在の状況をプロフェッショナルが正しく診断するだけでなく、劣化しているパーツがあればそれが修理・交換され、また古くなった機械油の洗浄も行われることになります。普段あまり使っていない時計であったとしても、部品の洗浄と新しいオイルを4年に1度ほど行うことでぐんと長持ちするのです。

 

 

オーバーホールでは時計のムーブメントを取り外し、各パーツを切り離して洗浄します。オーバーホールを行わないままで時計を使い続けると、たとえば時間の遅れや進みが激しくなったり、駆動できる時間が短くなったりとさまざまなトラブルの原因につながっていきます。そのため、壊れた場合の修理だけでなく、定期的なオーバーホールを行うことによって、大切な時計の寿命を延ばすことができますので、思い入れのある時計は行っていくといいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ