15年前の腕時計、直るでしょうか

15年前の腕時計、直るでしょうか

15年前の腕時計、直るでしょうか

先日、仕事から帰って来た主人が
「とうとう止まっちゃったよ」と残念そうな顔で言います。
見ると腕時計がお昼過ぎで止まっています。

 

もう寿命だと思うのです。
数日間はちょっと不便だけど、今は携帯で時間がわかりますから。
今度の休みに新しい時計をみに行きましょうよというと、
「直らないかな?」と主人。

 

時計の修理… 今はあまり聞きませんよね。
もう15年も使っているのだし、直るかしら。
そもそも街で時計やさんを見る機会も、以前と比べるとぐっと減っていますし。

 

実はその時計、私がプレゼントしたものなのです。
結婚して5年ほど経った彼の誕生日に贈りました。
ちょうど私が退職する時期と重なったので、
もうフルタイムで働くこともないかもしれないし、
いつもよりお誕生日プレゼントを張り込んだのですよね。

 

自分で選んでおいてなんですが、
フェイスが深いブルーのなかなかおしゃれな時計です。
とはいえ有名ブランドのものでもなく、もちろん超高価な品でもありません。

 

なのにそれ以来、ずっと気に入って使ってくれているのです。
ベルトも電池も何度交換したかわからないほど。
もう十分な気もしますが、直るものなら直したいと。

 

嬉しいような、でもそろそろ新しい時計を選ばせて欲しいような、
ちょっと不思議な気持ちになりましたが、
確か駅前にまだ一軒、時計屋さんがあったはずなので、
一度、この時計がまだ修理できるかどうか聞いてみたいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ